データ消去とは

パソコンのハードディスクに残されたデータを消去することは、パソコンを処分する前に必要なことです。
しかし、消去の方法が適切でなければ、不正な第三者によってデータが復元され、情報漏洩につながります。

当社におけるデータ消去の定義

京都PCデータ消去においては、記録されたデータの再読み込み、データ復元(データ復旧)の可能性を喪失させることを「データ消去」と定義しています。
情報漏洩を企てる者によるデータ復元(データ復旧)の技術に対抗できるよう、当社独自のデータ消去技術を駆使し、お客様の安心を確保いたします。

データ消去の方法とその特徴

1.ファイル削除(ゴミ箱に入れる)

ファイルをゴミ箱に入れることによって、一般のユーザとしてはファイルを削除したことになりますが、実際のところは単なる別フォルダに移動したことに過ぎず、データは完全に保たれています。

もちろん、特別なツールなどを使わなくても簡単に元の場所に戻すことができます。
ファイルをゴミ箱に入れる行為は、データ消去とは到底いえません。

2.ファイル削除(ゴミ箱に入れない/ゴミ箱を空にする)

ファイルをゴミ箱に入れない方法で削除したり、ゴミ箱を空にする操作を行うことで一般のユーザとしてはファイルを完全に削除したこととなります。
しかしデータの実体はハードディスクに残されたままの状態になり、そのデータの先頭部分に「削除済み」という意味のマークが取り付けられるだけの状態となります。

無料で入手できるデータ復元ツールなどを使えば、特別な知識がない人でもファイルを復元させることは難しくありません。
よってこの方法によるファイル削除も、データ消去とは到底いえません。

3.ディスクの初期化(フォーマット)

古くは、ディスクのフォーマット(初期化)は、ディスクの全領域に対して処理が行われました。
しかし、それは大変時間のかかる処理となり、昨今のハードディスク大容量化の場合、何時間・場合によっては何日も必要となる可能性があります。
そのため時間短縮を実現する必要があり、ディスクの初期化はハードディスクのごく一部にだけ行われます。

その結果、記録されているデータは表面上見えなくなってしまうものの実体は残されたままの状態となります。
データ復元ツールなどを使えば、若干のテクニックでファイルを復元させる可能性を残しています。

よってディスクの初期化は、データ消去の方法としては全く不適切です。

4.無効なデータによる上書き

データ消去ソフトと呼ばれるツールを使い、ハードディスクの全領域にランダムで無意味なデータを上書きしていってファイルの痕跡をなくしていくという方法があります。

この方法は、前述の3つの方法と異なり、データの実体を上書きしていくことでデータ消去を実現します。
手堅い方法の一つではありますが、専門的な技術者の腕によってはこの状態のハードディスクからもデータを復元したという事例があると伝えられていますし、この方法には、

  • 処理に非常に長い時間がかかる
  • 故障したパソコンでは実施できない
  • ハードディスクそのものの機能は全く損なわれないので再利用可能
  • 本当に消去できているかの検証ができない

という致命的な欠点があります。

よって、無効なデータによる上書きという方法も、データ消去の方法としては不十分です。ただし、この方法と物理破壊を組み合わせると非常に優れたデータ消去となります。

5.強烈な磁気による消去

ハードディスクを大きな電子レンジのような装置にセットして、強烈な磁気に包み込み、ハードディスクの磁性体を弱らせてしまうという方法があります。

この方法も物理破壊の一種ではありますが、いくつもの欠点があります。

  • 装置自体が大きいため、出張破壊という方法はとれず、パソコン(ハードディスク)を預かって処理することとなる
  • そのため、ユーザの目にとまらないところで処理が行われ、処理を不正に中止してデータの取り出しを試みることは非常に容易
  • 処理の完了までには長い時間が必要
  • ハードディスクとしての機能は損なわれるが、データを記録しているプラッタの部分は損傷していないため解析装置に乗せることは可能

6.油圧装置による破壊

ハードディスクに油圧装置による強い力をかけて、データを記録しているプラッタの部分を変形・破壊させる方法です。
一般的に物理破壊とはこの方法を指し、当社京都PCデータ消去もこの方法を用いて(この方法プラス当社独自技術)データ消去を実施します。

この方法にはいくつかの長所があります。

  • 装置自体がコンパクトなため、出張破壊という方法がとれ、パソコンをお客様の敷地から出さずにデータ消去可能
  • パソコン・ハードディスクが故障していても実施可能
  • ハードディスクの機能が完全に損なわれるため再利用不可能
  • プラッタが壊れてしまうため、データ復元に使用する解析装置に乗せることも不可能
  • 処理の完了までに必要な時間はわずか

パソコンのデータ消去をご希望の方は、ぜひとも京都PCデータ消去にご相談ください。

お名前(任意)
メールアドレス(必須)
お電話番号(任意)
ご希望の回答方法(任意)
メール電話
お問い合わせ内容(必須)